Home > スポンサー広告 > ガラガラヘビ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://artificialnight.blog63.fc2.com/tb.php/93-beb2a0c2
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 蘆花/松野泉

Home > スポンサー広告 > ガラガラヘビ

Home > - > ガラガラヘビ

ガラガラヘビ

  • Posted by: 松野泉
  • 2010-05-08 Sat 02:22:41
  • -
ある作品のデータをPCの故障で失い、平謝りに謝る。
なんとか事無きを得たが、自分の身近なもので一番信用ならないものはPCだ。

石川浩司さんの『「たま」という船に乗っていた』が大好きなので、
読み返そうと思うのだけど、本棚に見つからない。
CDを聞き返そうと思って、ケースを見つけたが、中身がないという事がよくある。
最近は自分が記憶を失う周期がだんだん短くなってきているようで、
メモを取る代わりに、携帯から自分のPCにメールを送るようにしている。
夜、家に戻って、PCのメールを確認する。
昔、LUNA SEAのボーカルの人が思い浮かんだメロディーは決して録音したりはせず、
そのまま忘れるようにしている。それでも残っているメロディーが本物だから。
と言っていたのを思い出す。

今日、ある人と名前の話をしていて、安田という苗字の話になり、
安田成美さんが在日2世で、木梨憲武との結婚式が報道されなかったという話を聞いた。
高嶺格さんの「在日の恋人」を読んで、在日2世として生きる事の複雑さ、
またそんな複雑さと正面から向き合うアーティスト高嶺格さんの真摯な姿に動揺したが、
あの、全然重みがないように見えるテレビの中の木梨憲武もまた、その複雑さの中で
生きているのだろうか、と当たり前だが、他人の数だけ知らない世界が無限に広がっている
のだなあとぼんやりと思った。
そして何故か、「とんねるず」という名前が、「トンネル」の複数形だという事に気付き、ハッとした。

スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://artificialnight.blog63.fc2.com/tb.php/93-beb2a0c2
Listed below are links to weblogs that reference
ガラガラヘビ from 蘆花/松野泉

Home > - > ガラガラヘビ

タグクラウド
リンク
ブログ内検索

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。