Home > スポンサー広告 > さよなら さようなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

あかねの姫ブログ URL 2006-06-25 Sun 23:03:48

得ろ系大好きあかねがいちおしのAV女優さんを紹介 1066

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://artificialnight.blog63.fc2.com/tb.php/9-e1635931
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 蘆花/松野泉

Home > スポンサー広告 > さよなら さようなら

Home > - > さよなら さようなら

さよなら さようなら

  • Posted by: 松野泉
  • 2006-05-02 Tue 02:17:29
  • -
5月2日 ライブ準備
大学時代から大阪のBEARSや、CLUB WATERなどで、8ミリの即興映写と音楽というユニットでライブを続けてきた。6月2日にブリッジという場所でライブをする。
ずっと映像と音楽で二人ユニットだったのが、今は7人の編成になった。単純に不確定要素をどんどん増やして、より即興に力を入れたいという気持ちで人数を増やしていったのだが、どうしてもバンドっぽくなってしまう。今回は、心機一転、指揮者を入れて、自分たちの意思の外で演奏し、その事で新しいグループのあり方を模索したいと考えている。

20060502013307.jpg


「さよなら さようなら」を観た。観た。
素晴らしい表現の結晶。役者さんの本気。監督の本気。そういう瞬間に出会える映画なんてそうない。それだけでも得難い。「ある朝スープは」のような洗練された表現とはまた違い、荒さを生々しくぶつけるような編集、演出、もちろん三十分程の時間の中で計算された物語的緊迫感は存在し、充分に繊細で、賢明な映画。素晴らしかった。

で、、、嫁と娘が家を出た。
ゴールデンウィークの間、大阪の実家に帰るらしい。
二人を京都駅まで送り届け、なんとなく解放されたような、寂しいような気持ちで映画でもみようと京都シネマという映画館へ行った。運悪く映画が千円で見れる日だったらしく、満員で立ち見。ジャームッシュの新作「ブロークンフラワー」を立ったまま見た。「ライフアクアティック」のなんとも脱力した現代的たたずまいに魅せられていたビルマレイが相変わらずの空っぽの身体で見事にジャームッシュ的ユル渋の世界観を演出していた。音楽も相変わらず素晴らしかった。
山下敦弘という日本の監督がいる。
最近「リンダリンダリンダ」という作品で注目されたが、別にジャームッシュと並べて語る必要もないかもしれないが、この人はこのジャームッシュの世界観を手癖で難なく表現できてしまう。凄い才能だと思う。本人もこの人間関係のおかしみを手癖で作れる事をちゃんと分かっていて、その先を見据えている。本人がそう言った。次作が楽しみだ。

京都シネマのあるcocon烏丸にはshinbiという精華大の学生が運営する?店があり、上映までの暫くの間そこで時間を潰したのだが、竹村ノブカズ氏の作品展示をしていた。
音楽家としての竹村氏は天才だと思う。理論家でありながら、耳に残るポップな音楽も、ファッションショー向けのお洒落な音楽も、ユーモアも、全て持ち合わせている特異な音楽家だ。でも、アーティストとしての竹村氏は面白くない。映像作品、アニメなど何度か目にしたことがあるが、どれも面白いと思えるようなものではなかった。平凡で、ありきたりな表現ばかりだと思う。才能というのは不思議なものだと思う。

オクノ修という京都の六曜社という喫茶店のオーナーの作品を買った。
素晴らしかった。船戸さんのコントラバス、渋谷さんのピアノ、コントラバス、ギター、チューバ、歌に寄り添い、優しく、この歌が好きだ!と呟く演奏だと思う。
歌って良いな、としみじみ思う。
スポンサーサイト

Comments: 1

あかねの姫ブログ URL 2006-06-25 Sun 23:03:48

得ろ系大好きあかねがいちおしのAV女優さんを紹介 1066

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://artificialnight.blog63.fc2.com/tb.php/9-e1635931
Listed below are links to weblogs that reference
さよなら さようなら from 蘆花/松野泉

Home > - > さよなら さようなら

タグクラウド
リンク
ブログ内検索

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。