Home > スポンサー広告 > 4/9(土)”6つの記憶を巡る世界” 上映会&ライブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://artificialnight.blog63.fc2.com/tb.php/147-c3a0f79c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 蘆花/松野泉

Home > スポンサー広告 > 4/9(土)”6つの記憶を巡る世界” 上映会&ライブ

Home > - > 4/9(土)”6つの記憶を巡る世界” 上映会&ライブ

4/9(土)”6つの記憶を巡る世界” 上映会&ライブ

  • Posted by: 松野泉
  • 2011-03-30 Wed 14:37:57
  • -
20110322080436.jpg


スラッシャーリミテッドプレゼンツ
INDEPENDENT FILMS & LIVE PERFORMANCES
”6つの記憶を巡る世界”
The world over 6 memories
4月9日(土)19:00オープン 19:30スタート
チャージ:1800円(1ドリンク込)
厳選された珠玉の映像作品とLIVEをお届けする一夜。
今回はオーガナイザー友利栄太郎自身の作品も交えた
“記憶を巡る6つの世界”を展開します。お見逃しなく!!
友利栄太郎
1970年生まれ。大阪市出身。同志社大学法学部卒。
大手番組制作会社でテレビ番組制作に参加。世界20カ国以上で取材し、
ドキュメンタリーから報道、グラビアまで映像業界を放浪する。
07年に足立正生監督の日本映画界復帰作『幽閉者?テロリスト?』に参加。
その後、福居ショウジン監督と共に08年『the hiding-潜伏-』09年『S-94』を製作。
現在もテレビディレクターとして東京キー局で遊撃戦を展開中。
1.『惑星は炎に包まれて』より第2部「小笠原リール」
(2010/カラー/ステレオ/8ミリ→4:3DV/15min)
監督:金子遊
撮影地:横浜野下、小笠原諸島の父島・母島
解説:
「映画芸術」のライターで映画評論者、脚本家でもある金子遊が
人の”記憶”とは何かを8ミリフィルム日記から探る映像詩篇。
長編作品のための習作として、小笠原で撮影されたリールをもとに構成。
金子遊:
1974生まれ。神奈川県出身。慶應義塾大学環境情報学部卒。
「名探偵コナン」や「ゴルゴ13」などTVアニメの脚本を手がける傍ら、
『ぬばたまの宇宙の闇に』『ベオグラード1999』など映像作品も製作。
「批評の奪還 松田政男論」で映画芸術評論賞受賞。
2.『Welcome To A.S.P.T.』
(2010/カラー/ステレオ/4:3DV/15min)
監督:友利栄太郎
出演:渚ようこ/横田直寿 他
解説:
バブル崩壊後の“失われた10年”を京都アンダーグラウンドで過ごした
友利栄太郎のセミドキュメンタリー。パンクミュージックと武装闘争の日々に
現実と虚構の記憶が交錯して行く。昭和歌謡のディーバ・渚ようこが
謎のテロリストとして登場。
3.LIVE:中沢孝治(ギター)
90年代に京都伝説のソウルファンクバンド
“東アジアドラゴンリーサンダース”のギタリストとして活動。
現在は“All L/Rights”や“全力オナニーズ”などに参加。京都屈指のギタリスト。
友利栄太郎とは同志社大学にて学生運動を共にした“同志”でもある。
4.『落書き色町』
(2008/カラー/ステレオ/4:3DV/28min)
監督:平岡香純
出演:東美根子(ピカチュウ)、谷内一光 他
解説:
澄ました顔をしてお客の喜ぶ女を演じることに飽き飽きしていた娼婦たちが、
ヤミ市で買ったおもちゃあそびや落書きやかくれんぼに没頭し、
次第に彼女らにしか通じない言葉を話し始める...。
ロッテルダム国際映画祭正式出品。調布映画祭2008でグランプリを受賞。
世界18ヶ国、40の映画祭で上映された平岡香純のパラレルワールド。
平岡香純:
1981年生まれ。大阪府出身。同志社大学文学部卒。
大学在学中から映像を製作。独特の色彩感覚や演出を武器に
自主映画界を席巻する。映画とライブをミックスした
『プリミ恥部な世界』や“チャットモンチー”のPV『春夏秋』など
多岐にわたる活動をエネルギッシュにこなしている。
5.LIVE:松野泉(ギター)
大阪芸術大学在学中より映像製作や音楽活動を開始。
2008年ぴあフィルムフェステバルにて
『GHOST OF YESTERDAY』が審査員特別賞、企画賞を受賞した。
現在、制作集団・思考ノ喇叭社に所属。
6.『Hansel's Moon Town』
(2008/カラー/ステレオ/16:9DV/12min)
監督:中平悠里
出演:Tyler Fagan、Hugh Coleridge
解説:
壁に囲まれ抑圧された町で暮らす少年ハンセルとおじいさんの物語。
貧しい生活の中、ある日おじいさんは”月に帰る”と言い、家を出てしまう。
ハンセルはおじいさんが言い残したことを町中に伝えるためにある行動を起こす。
中平悠里がロンドン在住時から製作。実写とアニメーションの織りなす世界に心温まる。   
下北沢映画祭2009で準グランプリを受賞。
中平悠里:
1984年生まれ。青森県出身。University Of The Arts London卒。
抑圧された社会の中で人間の優しさを描く演出には定評がある。
現在、テレビディレクターとしてテレビ朝日に勤務の傍ら、
新作の短編作品『海のみる夢』を公開準備中。
*収益の一部は東北関東大震災の義援金として寄付させていただきます。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://artificialnight.blog63.fc2.com/tb.php/147-c3a0f79c
Listed below are links to weblogs that reference
4/9(土)”6つの記憶を巡る世界” 上映会&ライブ from 蘆花/松野泉

Home > - > 4/9(土)”6つの記憶を巡る世界” 上映会&ライブ

タグクラウド
リンク
ブログ内検索

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。