FC2ブログ

Home > - Archive

- Archive

アクースモニウム

  • Posted by: 松野泉
  • 2019-05-13 Mon 12:40:12
  • -
久しぶりに七里さんの上映の手伝いでアクースモニウムを体験。
トーク含めてとても楽しい時間でした。
打ち上げはシネマキネマの吉野さんや映画資料館の田中さんやヌーヴォの山崎さんや小田さんがいて、一瞬でしたが楽しい時間を過ごさせて頂きました。終電なんて気にせず朝まで居たい気持ちでしたが学生を連れてきていたので早々に退散。神戸大阪の映画を支える素晴らしい人達。本当に魅力的な人達です。
アクースモニウムを久しぶりに見ましたが、ゴダールの空間のスイッチングとはまた別の魅力があって、どこまでを空間と捉えるかという認識の違いが表現の違いになっているように思いました。全体主義とか、全ての観客に同じ体験を(そんな事不可能なのですが)享受させようとするサラウンドシステムや、3D上映の脆弱性が際立つ、技術とセンスのパフォーマンスには毎度刺激を受けます。
アクースモニウムの秘密はステレオ音源をステレオペアの複数スピーカーに振り分けていくことにあるように思いました。バラバラの音質、音域のスピーカーをただマルチで配置しているわけではなく、様々な場所に境界を張り巡らせているような印象。それがサウンドプロジェクションと呼ばれる所以なのかと思いました。
ゴダールがずっとやろうと試みて上手く実践出来ていないイメージとサウンドを切り離すという試みはアクースモニウムと音から作る映画の上映という形で、この日本で人知れず実践されている。

食べなかったおばあちゃんのおにぎり

  • Posted by: 松野泉
  • 2019-05-11 Sat 23:58:03
  • -
さだまさしがゴダールと同じ事言ってる。

ライブ

  • Posted by: 松野泉
  • 2019-05-07 Tue 22:06:51
  • -
ライブは短い方が良い。
大体30分くらいが目安だけど15分でも良いと思う。
見足りない聞き足りないと思う程度が丁度良い。
でも、自分の好きなミュージシャン達は長いライブをする。
ミチロウさんのドキュメンタリーを撮影してた時に、
毎回2時間近く全速力でライブするミチロウさんを見て、
本当に命を擦り減らしているように感じた。
丁度良いというパフォーマンスで終わらない、
この歌も、あの歌も、どんどん歌って、最後の方で一番ハードそうな
「天国の扉」とか、「お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました」とかを歌い切る。
丁度良いとか気持ち良いを超えた所にある場所。
ライブを見る事の醍醐味はそういう事だと思う。

聖なる

  • Posted by: 松野泉
  • 2019-05-06 Mon 00:16:49
  • -
「聖なる鹿殺し」という映画を見た。
トロッコ問題を扱った映画でしたが、とにかくずっとそれっぽい音響とずっとデジタルズームのような
ドリーワークが続く日本の中島なんとか監督みたいなセンスでしんどかった。
構造やルール作りは面白いのに、中身がないのは何でなのか、、。
ファニーゲームやりたいのなら産まれて来た時代が遅すぎた気がします。
「ノックノック」のイーライロスを見習って欲しい。

本屋にて

  • Posted by: 松野泉
  • 2019-05-05 Sun 16:58:46
  • -
父親に抱かれた男の子が本を指差して。「世界一って、世界は一つしかないの?」

朝生

  • Posted by: 松野泉
  • 2019-05-05 Sun 16:22:58
  • -
ラジオで大山捨松(山川)の話をしていて、名前の由来を初めて聞いた。
本名は咲子。アメリカには鬼がいると言う人がいるくらい当時の海外は未知の場所だったらしい。
なので、咲子の両親にとって娘を留学に行かせるのは相当覚悟のいる事だったらしい。
母親は咲子に「一度私はあなたを捨てたつもりで、忘れ、帰りを待つ」と言われたらしい。
それを自虐的に呼び名にしてしまう「捨松」のメンタリティーは非常に現代的で面白いなあと思った。
 
宮台真司がまた最近メディアによく出ている気がする。
朝生の田原さんと子供の喧嘩してるのをネットで見た。
なんとなく年号が変わるタイミングで時代の変わり目感を演出したい老人達が
担ぎ上げて平成の総括とか、ネトウヨは症状だとか、街で目が合わなくなった話とか
マックスウェーバーの話とかしてる。
流行りの落合陽一との対談もネットで見た。その中で中動態の話が一瞬出た。
それで國分功一郎さんの本を思い出し、拾い読みしてみた。
中動態って、濱口竜介さんの俳優メソッドで作り出す演技の状態ととても似てると思った。
目が合う、とか、正中線を合わせるとか、妊婦のお腹に出来る黒い線の事とか、
モノラル音声の事とか、「恋に落ちる」と言う時の「落ちる」っていうのが正にその事で、
ニーチェの「深淵を覗き込むと、、」っていうのも結局この事なんじゃないかとか、
電信棒から落っこちた鳥の巣には雛がいなかった。

呟くのをやめてウェブにログすることに

  • Posted by: 松野泉
  • 2019-05-04 Sat 15:33:12
  • -
令和とか全然関係ないんですが、なんとなく昨日twitterのアカウントを削除した。

もともと短い文章で何か書くというのがあまり面白くないのと、
単純に目に映る様々な文字があまりにも不快なものが多いので面倒になった。
結局宣伝の為にやっていた事なので誰かが見ているという事を前提とした
「こんな仕事しました」のアピールとライブしますの宣伝と、「ライブ観てくれてありがとうございます」とか、
周知させる必要もない事をわざわざネットに吐き出す事の違和感がいよいよ限界に達したという感じでした。
といいつつ早速別の場所に(ブログに)こんな文章書くのもどうかと思いますが、
誰も観てないor観る人いても恐らく知り合い。という程度の範囲でいい加減な事書いているくらいが
ちょうど自分は気持ちが良いのだと思います。
なるべく気持ち悪い事からは手を引いて、人に迷惑かけず、家族が暮らせる程度のお金を稼いで
生きていきたいなあと思いますが、なかなかその程度の事も難しく、自分勝手に生きる方法ばかり探しているのが現状です。

今日は久しぶりに嫁と二人で近所を自転車でグルグル走りました。
信号待ちをしていると、電信柱から落ちた鳥の巣が歩道に落ちているのを見つけました。
嫁は気持ち悪そうに少し離れた場所に自転車を止めましたが、僕は雛の死体を見たかったのか、雛の死体がないという事を確認したかったのか、信号が変わるまで巣を凝視していました。
信号が変わっても巣は何の動きも見せず、雑草とビニールの皮膜のようなものをグルグルに巻いた姿で転がっていました。
ティントブラスと書かれたメモ用紙が僕の机の上に置いてあるのをふと思い出して、携帯で調べると、イタリアのポルノ映画の巨匠の名前でした。先日うちに泊まりに来たミュージシャンの夜久くんが僕が気に入ると思うと言ったので、その場でメモしたのを思い出しました。
家に帰ってメモ用紙をみると、ティントブラスの下に「美しいものを美しいなんて言うやつは馬鹿だ」と誰かの言葉か自分の言葉か、それとも映画の台詞にでもしようと思ったのか、なんとなく僕が考えそうなイキッた言葉が書いてありました。
天皇について深く考えた事がありません。平成天皇は昭和天皇に比べてキャラが薄いと思いますが、皇后はめちゃくちゃキャラ立ちしていると思います。
天皇は皇后と出会って良かったですね。テレビで観ましたが、天皇は侍従に「人より自分は情が薄い」と相談していたそうです。天皇を法律とか国とかから遠ざけて宗教と同じような役割にする事は出来ないんでしょうかね。出来ないんでしょうね。
安倍晋三も門川大作も吐き気がするほど嫌いですが、ずっと昔から一人で決めた事(自他問わず)以外は糞のような結果しか産まないと思ってきた人間なので、選挙制度や国の形が変わらない限り結局自分が納得行く世界は生まれ得ないとも思っています。人前で大きな声で馬鹿に馬鹿と叫ぶのも馬鹿らしく、かと言って黙っているとお前はあっちの味方かと言って袋叩きに合うような世の中が何より一番嫌いです。黙っていたい人が黙っていられる世の中にならないものかと思いますが、社会状況はどんどん悪くなり、結局自分の大切な人や物が奪われていき、指を咥えてそんな様子を馬鹿みたいに見続けないといけないと思うと希望はないですが、現実逃避する術だけはたくさん用意して、あっという間に人生終わってしまいそうです。気が狂って駅前で正しい事だけ叫び続けてるおじさんを見た事がありますが、あれを正義だとは思えませんでした。まともに生きようと思うとよほど利口な人か、よほどのアホか、よっぽど強い人以外は病気になると思います。病気である事にも気付かずに病気になってしまえば楽かもしれませんが、周りが大変ですね。
結局馬鹿みたいにシンプルな、金と欲望と地位と名誉と、その反対の愛と希望と自由と生活とか、なんかそんな物語も全部嘘だと分かっているのにみんな無理やりエモーショナルに自分を掻き立てているように見えて仕方ありません。
ツインピークスになりたいです。

  • Posted by: 松野泉
  • 2011-10-22 Sat 03:10:18
  • -

お庭

  • Posted by: 松野泉
  • 2011-10-14 Fri 17:49:09
  • -
ライブです。豪華です。是非遊びに来て下さい!!

『今日でおしまいライブ!』

2011.10.16(SUN)

@こしかけ工房

15時スタート/料金 1000円

出演:平井正也、島崎智子、アルプス、D・Dコーヒー(ダンス)、クモノスのカモメ、

   庭、プールグループ、ミシシッピと彼女のキョンシーズ、賢いユリシーズ、

   尾上一樹(パントマイム)、ののみとテツヲ、ぶつぐ、松野泉 and more...

*フード、ドリンク出ます。  

<<time table>>

15:00 プールグループ

15:30 ミシシッピと彼女のキョンシーズ

15:50 アルプス

16:20 賢いユリシーズ

16:50 ぶつぐ

17:10 尾上一樹(パントマイム)

17:40 風の又サニー

18:10 柏井銀路

18:30 D・Dコーヒー(ダンス)

19:00 松野泉

19:30 島崎智子

20:10 ののみとテツヲ

20:40 平井正也

21:20 庭

cafe zanpano

  • Posted by: 松野泉
  • 2011-08-22 Mon 11:58:08
  • -
少し先ですが、9月20日に京都、叡電元田中駅側にある
cafe ZANPANOで長野から来られる岡沢じゅんさんという方と
ライブがあります。19時スタート、チャージ1000円です。
随分久しぶりのライブですので楽しみです。是非遊びに来て下さい。

Index of all entries

Home > - Archive

タグクラウド
リンク
ブログ内検索

Return to page top